メディア掲載情報

メディア掲載情報

当社に関するニュースを読む。

報道関係者 お問い合わせ先

アメリカおよびグローバルインターフェース

Christian Achenbach
Communication Manager
Avery Dennison Smartrac

お問い合わせ先

デジタルIDはパンデミック後のショッピングに革命をもたらします。

2021年5月

食品に対する消費者の期待はパンデミックの期間中、オムニチャネルが注目を浴びるなかで急激に変化し、またデリバリーとクリック&コレクトサービスも復活しました。ロックダウンが緩和されれば、デジタルIDシステムはさらなるイノベーションの鍵となるでしょう。 イギリスの小売業向け雑誌「The Grocer(食品業)」の独占インタビューで、Avery Dennison SmartracのMarket Development Manager、Foodを務めるPeter Jacksonは、業界トレンド、技術導入の成功例、食品業界や消費者、環境によりよい未来をもたらす可能性を秘めたRFIDについて話をしました。

atma.ioで、サプライチェーンの透明性を生み出すと同時に、ファッションの循環型経済を加速させる

2021年4月

Max Winograd(Avery Dennison、 Connected Products、Vice President)はデジタルトリガーとそれらによってブランドがどのようにサステナブルで回復力の高い循環型サプライチェーンを作り出すことができるか、について話しました。サプライチェーンの不透明さはファッション業界において最も体系的な課題のひとつです。この課題を解決するための技術があるにもかかわらず、なぜ採用され解決に至らないのでしょうか?

廃棄物はイメージの問題でしょうか?

2021年4月

無駄がなくすべてがシステムに戻ってくるとういう循環性が主流となるためには、企業が循環性の中にある既存のリソースに価値を見出し、また廃棄物をどのように捉えるかというそもそもの考え方を変えることが必要です。 サプライチェーンにおける「廃棄物」の再認識と再紹介の主要トレンドの概要について、当社の新しいレポート「Zero Waste Futures(廃棄物ゼロの未来)」に記載しました。このレポートは無料で閲覧することができ、バイオミメティック材料、ライフサイクルの可視化、循環型生態系に関する3つの「未来型」シナリオに焦点を当てています。

グローバル化粧品ブランドのためのデジタルサプライチェーン変革

2021年4月

全商品を個品レベルで徹底して可視化することは、化粧品業界のオムニチャネル戦略の成功には欠かせないものです。しかし在庫管理のミスは、化粧品ブランドや小売業者が以前から抱える問題であり、販売機会を失うだけでなく、ネガティブな顧客体験をもたらします。CEWでは、Avery Dennison SmartracのデジタルIDが、サプライチェーンにおいてどのようにして前例のないレベルの透明性を達成し、また在庫の可視化に革命をもたらし、さらに廃棄物を減らすことができるのか、ということに焦点を当てています。 

新型コロナウイルス時代のビジネスを支える透明性

2020年10月

サステナビリティと透明性-特に新型コロナウイルスの時代においては、もはやバズワードではありません。 実際に、新型コロナウイルスの感染拡大はブランドにとって、リサイクルに前向きな世代を、小売業に透明性を求める消費者へと「根本的に改革」させる機会となっています。 詳しくは、The Future Laboratoryへの寄稿文をお読みください。 

透明性はもはや選択肢ではなく、ビジネスの成功に不可欠です

2020年9月

マテリアルサイエンスと製造における世界的リーダーAvery Dennisonは、『The New Transparency(新しい透明性)』というトレンドレポートを発表しました。 このレポートでは、企業がこれまで以上のサプライチェーンや環境フットプリントのコントロールを実現する事と同時に、消費者に対し、可視性、安全性、理解の向上を提供するための強力なツールとして、透明性の重要性を強調しています。

世界的な食品廃棄物の削減に向けて、よりスマートなサプライチェーンを目指す

2020年9月

国連の推計によると、毎年食品の3分の1が廃棄物として処分されています。 新しいトレーサビリティ技術は、現在、世界で推定されている年間13億トンの食品廃棄物を削減する目標のもとに導入され、その中でもデジタルID技術が重要な役割を担っています。 詳しくはGrocery Diveの最新記事をお読みください。

デジタルアイデンティティと技術の推進

2020年8月

WWDは、Avery Dennisonと共同で開催したウェビナーの内容を紹介しています。このウェビナーでは、前例のない時代に、化粧品ブランドや小売業者の成功を後押しする、デジタルID技術に関する洞察が述べられています。今日の化粧品業界が直面している重要な課題を理解し、新型コロナウイルス後の世界に向けた生き残りではなく、業界の繁栄において、デジタルIDがどのように貢献できるのか、詳細をご覧ください。

デリバリーが当たり前の世界において、食品業者はサプライチェーンの自動化への投資が必要となる

2020年7月

継続的に増加する配送への要望に応える上ためには、サプライチェーンの起点にある製品に固有のデジタル識別番号を付与し、製品ごとに正確な在庫を透明化することが不可欠です。 RFIDやバーコードなどの技術を用いて商品をデジタル化することで、サプライチェーンのすべての段階で、在庫の完全な透明性を個品レベルで実現することができます。

Avery Dennison SmartracがCircus Tamper Loop Proを発表

2020年7月

Avery Dennison Smartracは、タンパー検出(開封探知)と安全性の高い製品認証を1つのNFC製品で実現したCircus Tamper Loop Proインレイとタグの新製品を発表しました。

Avery DennisonがNesteと協力してスマートストアを実現

2020年6月

Avery Dennisonは、Nesteと提携し、RFID技術を使用したヨーロッパ初のセルフサービス型コンビニエンスストアである、全自動の「Easy Deli」ストアをフィンランドのヘルシンキ中心部にオープンしました。

RFID技術は化粧品業界の怪しいグレーマーケットにどう挑むか

2020年6月

グレーマーケットは、ブランドの評判を落とし、また消費者に対し安全性の問題を引き起こす可能性があるため、化粧品業界で懸念が高まっています。これは今に始まったことではありませんが、新型コロナウイルスの流行によっり、状況は悪化の一途を辿っています。Avery Dennison Smartracが提供するソリューションを活用すれば、製品にデジタルIDを付与することで、これまでにないレベルの可視性を実現でき、またブランドはサプライチェーン全体で製品を追跡し、横流しを防止することができます。

コールドチェーンの環境に挑戦する温度ロガー

2020年6月

Smartracは、食品や医薬品などのコールドチェーンアプリケーションに向けた、高精度と頑丈性を兼ね備えたハードタグ、セミアクティブUHF RFID温度ロガーの新製品「Maxdura® Thermologger」を発表しました。

SmartracとSUKU、NFCとブロックチェーンで新型コロナウイルス検査とPPEの認証を実現

2020年5月

Smartracとブロックチェーンスタートアップ企業のSUKUは、新型コロナウイルス検査キットと個人防護具(PPE)の認証を目的としたデジタル認証ソリューションを発表しました。 NFCで起動するこのプラットフォームは、真偽を即座に確認することができ、エンドツーエンドのサプライチェーンにおける透明性を提供します。

ジーンズにデジタルアイデンティティを付与した新しいデニムコレクション

2020年5月

アップサイクルブランドのThe R Collectiveは、Levi'sと提携し、トレーサブルファッションの新たな展開を開始しました。Denim Reimaginedでは、IoTを活用して衣服の情報をトラッキングします。その中で、Avery Dennisonは、リサイクル素材や廃棄ゼロ素材、水溶性素材を使用したラベルを作成しました。

Smartracの新しい納品形態である「Dura」の頑丈性

2020年4月

Duraシリーズは、従来の特性に加え、優れた頑丈性と耐水性を誇ります。その中でもDogboneは、タグ付けが困難な素材に対しても優れた性能を発揮します。 この新製品は、再利用可能なパレットやリターナブル輸送個品へのタグ付けなど、産業、サプライチェーン、物流のアプリケーション向けに設計されています。

RFID: 食品店でのフリクションレスショッピングに隠された小さな奇跡

2020年4月

RFIDは製品にデジタルIDを付与することで、在庫のトラッキングを実現し、消費者体験を向上させ、フリクションレスショッピングを実現します。Ralph Laurenを始めとするブランドとの重要なパートナーシップや、世界有数のRFIDメーカーであるSmartracの買収により、Avery Dennisonはこのデジタルトランスフォーメーションを牽引する、大きな影響力ととマーケットシェアを有しています。

Dirty Lemonを提供するIris Nova、新型コロナウイルスに対応した小売戦略を展開

2020年3月

Coca-Colaが支援する新興飲料ブランド、Iris Novaは、新型コロナウイルスに起因するホスピタリティ事業や小売事業における需要上昇と損失の均衡を取っています。同社のCEOは、歴史に残る戦略の「方向転換」を恐れなかったことが、目下のプレッシャーを軽減した要因である語っています。

Holistic、オムニチャネルな消費者体験と製品認証を実現

2020年1月

NFCとRAIN RFIDを1つのチップに搭載することで、サプライチェーンマネジメントから消費者エンゲージメント、そして製品認証に向けた強力なオールインワンツールが実現し、流通チャネル管理の改善、ブラックマーケットやグレーマーケットへのよりよい対応が可能となります。

Smartracの環境への配慮

2020年1月

SmartracのGreen Tagプログラムのインレイとタグはすべて、現在市場で入手可能な従来の製品と比較した際、カーボンフットプリントを最大90%削減し、また再生不能資源を意味するAbiotic Depletion Potential(ADP)を少なくとも95%削減します。

スポーツやフィットネスにおけるNFCの活躍

2019年11月

NFCはスポーツやスポーツアパレルの世界で広く採用されています。例えば、adidasは、NFCのビジネスに新しい方法で参入するため、独創的な方法を見出しました。Smartracの技術により、adidasはシューズモデルに搭載されたNFCチップを利用し、アプリ経由で重要なデータを取得しています。

Smartracが世界最小のグリーンインレイを発売

2019年11月

Smartracは、従来のプラスチック製RFIDインレイに代わり、リサイクル可能でサステナブルな製品を提供するGreen Tagプログラムの一環として、価格ラベル用途に設計された環境に優しいRFIDタグをリリースしました。 EAGLE Green Tagは、リサイクルや堆肥化が可能な紙ベースの製品で、小売店やブランド市場で活躍します。このタグは、化学薬品を使用したエッチング工程を排除しているため、よりサステナブルな方法で製造されています。

RFIDを利用した水分、温度および位置情報のセンシングソリューションを発売

2019年10月

コンクリート、石膏ボード、断熱材など、様々な建材内の水分を検知し、温度を測定することで、施設や工事のモニタリングおよび管理に向けた革新的なアプリケーションの幅広いポートフォリオを可能にするセンシングソリューションです。

SmartracとCompassが共同で新しい顧客体験を実現

2019年10月

SmartracとCPG業界向けのソリューションプロバイダーであるCompass Marketingは、「Modern Retail Collective(最新の小売共同体)」を共同で支援します。 この店舗は、McKinsey and CompanyとMall of Americaが共同で開発しました。

小売企業がRFIDで顧客体験とブランドロイヤルティを高める方法について

2019年10月

Eコマースが飛躍的に拡大しているとはいえ、実際には、小売店での取引に占める割合はわずかです。 やはり店頭で買い物をしたいと人々は考えています。

McKinsey & Companyが初の店舗をオープン

2019年9月

この店舗では、McKinseyとMall of Americaが協力して、RFIDやモバイルチェックアウトといった複数の新技術を試験、分析し、店舗運営を連携して行い、店内の体験を向上させることで何を実現できるか発見するチャンスを小売企業向けに創出しています。

Avery DennisonがRobomartと提携

2019年9月

Avery Dennisonは、小売業の最先端を行くRobomartと提携し、今まで革新が遅れていた分野において、お客様に喜んでいただけるようなフリクションレスショッピング体験を食品小売業で実現する機会を創出しました。

HonkTAPでNFCを利用した駐車料金の支払い

2019年8月

テクノロジー企業であるHonk Mobileは、SmartracおよびAppleと提携し、ユーザーがNFCステッカーに携帯電話をタップすることで、アプリのダウンロードを必要とせずに、数秒で駐車料金を支払うシステムを構築しました。

食品店舗において、レジレスシステムの導入が近づく

2019年8月

2018年1月に「Amazon Go」の第1号店が一般公開されたとき、そのコンセプトは多くの人にとって魔法のように感じられたことでしょう。 入店し、好きなものを手に取り、コートのポケットやバッグなどに入れて、そのまま帰ることができるのです。 お客様に必要なのは、アプリだけです。

PUMA、体験型小売販売向けにおいてデジタルインタラクティブ製品でリードする

2019年8月

インタラクティブなディスプレイから在庫の最適化まで、フルコネクテッドストアは小売業の未来を垣間見せてくれます。

サプライチェーンにおける食品の追跡の重要性とその理由について

2019年7月

葉物野菜のリコール問題を受けて、レストラン経営者にとって、サプライチェーンにおける食品の追跡調査を強化する必要性が高まっています。

Matthew Williamsがブロックチェーンを引用してAlyxの物語を伝える

2019年6月

Alyxが2020年春夏コレクションを発表する際に、デザイナーのMatthew Williamsはブロックチェーンのビジネス事例を紹介しました。