Avery Dennison Smartrac航空業界ページ

ケーススタディ

当社の技術がビジネス世界の変革にどのように貢献しているか、実際の成功例をご覧ください。

American Nuts Manufacturing社は、
最先端のRFID ERCソリューションを導入し、
在庫管理、運用、収益管理を実施へ

アメリカ人はナッツが大好きです。北米最大級のナッツ加工業者であるAmerican Nuts, LLCは、高品質な製品に重きを置くと同時に、ビジネスの成果を上げることを大切にしています。 Senitron社とAvery Dennisonが新たに発表したRFID対応ERC (Enterprise Resource Control)システムは、その両方に大きく貢献しています。 

Grupo Boticário社を支援。Ernst & Young社が、RFIDの利点の理解をサポート

化粧品用タグ、深い専門知識、そして強いパートナーシップを武器に、Avery Dennisonはブラジルの化粧品業界において初めてRFIDを導入した事例において、優れたパートナーとなりました。複雑化するサプライチェーンにエンドツーエンドのトレーサビリティを求めていたGrupo Boticárioは、2018年にEYを採用し、6ヶ月にわたるRFIDのテストを実施。その結果、在庫切れ状態を97%、そして労働力を14%減少させ、収益の増加を実現しました。

飲料業界を変革するDirty Lemon

高級飲料ブランドDirty Lemonは、RFID技術を利用して、ニューヨークのトライベッカ中心部にある店舗で完全なフリクションレス体験を実現しました。 RFIDによって、各飲料品に固有の識別子が割り当てられるため、同ブランドは製品のライフサイクルを追跡し、盗難を減らし、消費者体験を向上させ、フリクションレスの支払いに対応することができます。

製薬会社のサプライチェーンを効率化するRFID

医薬品および医療品は、世界的に見ても最もセンシティブな製品群です。そのため、盗難、詐欺、偽造に対する製品のトラッキングおよび管理システムには完全な信頼性が求められます。韓国最大手の製薬企業であるHanmi Pharmaceutical Co.は、RFIDを採用して効率化を図り、製品の動きをモニターし、政府が定めた品質管理を実施するため、有効活用しています。

Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Loading...
Avery DennisonがSodexo社の新しいキャッシュレス(grab-to-go)食品サービスにおけるRFIDのメリット享受を支援

Sodexo社は、Avery Dennison WaveSafeTMラベルを使用することで、RFID技術のメリットを享受しつつ、便利なキャッシュレス体験を持続させ、また24時間の顧客の安全性を確保しました。

Southern Fried Cotton社、RFIDソリューションで成功を収める

サウスカロライナ州にあるアパレル企業、Southern Fried Cotton (SFC)は、小売店舗や会社の運営のために、自社製品を独自に識別するソリューションを探していました。 GS1 US® Solution Partnerとして、Avery DennisonはSFCと協力し、EPCに対応した個品レベルのRFIDタグ付けソリューションを社内に導入しました。その結果、誤納品によるチャージバックを98%削減、カートン単位の精度を99.5%向上し、また業務効率を改善し、顧客の注文に迅速に対応することできるようになりました。

技術による進歩: Smartracタグを搭載したAudiの車両

ドイツの高級自動車メーカーであるAudiは、ハンガリーの工場で組み立てられた車両の追跡に、RFIDベースのシステムを導入しました。 SmartracのDogboneTM UHFタグを、仕上げ、保管、出荷の各工程における各車両の位置情報を提供するシステムに活用しました。 その結果、車両の位置を確認して運搬するドライバーの労力を軽減し、製品の生産管理に向けた可視性への向上につながりました。

Sensor DogboneTMで建物の乾燥状態と安全性を維持

建物内の湿気は素材や人に悪影響を与えます。 また、水滴によりコンクリートや石材が侵食され、有害なカビが発生し、病気を引き起こす可能性もあります。デジタル化を推進するフィンランド政府のプログラムの助成を受け、Helsinki Metropolia University of Applied Sciencesでは、壁、屋根、床の内側にパッシブ型RFIDセンサを設置し、湿気の蓄積に対して早期の警告を発するようにしています。

無菌製剤サイクルにおいてRFIDを活用し、医療品の質を向上させる

手術器具は、今日のRFID技術における課題です。ステンレススチール製でデリケートなため、極端な温度下(最大121°C/250°F)で滅菌されます。また無菌状態の器具サイクルのデジタルコピーを作成するには、小型の超高周波数タグ(SHF、5.8GHz)が必要となります。

Loading...
製品のデジタル化とインタラクティブなデジタル体験により活気づくPUMAの店舗

PUMAは、Avery Dennisonおよびコネクテッドプロダクトプラットフォームプロバイダと提携し、ニューヨークにあるPUMAの旗艦店にインタラクティブなデジタル製品体験を導入することで活気をもたらしました。 来店されたお客様は、PUMAの各製品に記載されている固有のQRコードをスマートフォンで読み取るだけで、ダイナミックな体験を味わうことができます。 PUMAの新しいフィジカルな小売体験は、製品を大規模にデジタル化することで実現し、まさに文字通り「デジタル化の誕生」となりました。

Ralph Laurenがかつてない規模のデジタル化を実現する

Avery DennisonとRalph Laurenとのパートナーシップは、大手ファッションブランドが大規模なデジタル化に取り組む初めてのケースとなります。 コネクテッドプロダクトプラットフォームとRFID技術をデジタル化されたラベルに組み込むことで、ブランドはサプライチェーンの可視性、整合性、効率性を高め、より豊かな消費者体験の機会を生み出しています。

RFIDを活用して、COVID-19対策となる手洗いの衛生環境を改善

当社のUHFインレイは、レストランなどにおける従業員の適切な手洗いを促進することで、COVID-19やその他の疾患と闘うオーストラリアの企業をサポートしています

ヘルスケア分野における在庫管理の自動化

タイのRFIDソリューションプロバイダであるIdentify RFID社は、RFID機能とクラウドベースの技術を組み合わせたIntelligent Cabinetソリューションを開発しました。このソリューションにより、医療サプライヤやヘルスケア機関は、在庫の可視性を飛躍的に高めることで、在庫管理、セキュリティ、効率性の向上を図ることができます。

RFIDのメリットを測る

【影響力のある事項】Avery Dennisonのインレイは、インド初の電力供給型RFID/バイオメトリックシステムであり、ウェイトブリッジの運転の安全および効率性を向上し、現場でのトラックの動きを管理することでターンアラウンド時間を縮小させます。

RFIDは日本酒の流通をどう変えるか?

日本酒業界は、ここ数年、非正規チャネルでの流通や、消費量の減少により市場が縮小していました。また酒蔵は、ブランドストーリーと製品価値を差別化して伝えることができる、新たな方法を模索していました。日本を代表する銘柄である「獺祭」が、デジタル技術を活用し、顧客体験の改善と事業の変革を試みた事例をご覧ください。